シアリスは他のED治療薬と比べ、持続性が長い特徴があります。食事の影響も受けにくく、安心して性行為に臨むことが出来ます。ED治療をお考えの方は一度シアリスを検討してみては?

シアリスの特徴

ネット通販で購入時確かめたいシアリスの偽物の見分け方

病院処方ではなくネット通販でシアリスを買うならば、本物と偽物の見分け方をマスターしておくことが大切です。
日本で認可されているシアリス錠は、5mg、10mg、20mg(いずれも有効成分の含有量)の3種類しかありません。もしネット通販でこの3種類以外の有効成分量の表示がされていたら、偽物の可能性が高いです。
さらに細かい見分け方では、PTP(後ろから押すと薬が全面から出てくる薬の包み)の色にも違いがあります。5mgは青、10mgはオレンジ、20mgは緑で有効成分の数字が白抜きにされてデザインされています。全面と裏面にそれぞれ白抜きデザインで表示されています。
個装箱の見分け方では、PTPの色と同じように5mが青、10mがオレンジ、20mgが緑の色でデザインされています。10mgのみ箱全体にうっすらとオレンジ色のデザインがされています。
これだけでもだいぶ手がかりにはなりますが、ネット通販ではPTPも個装箱もかなり似せてデザインされている場合があります。
ただし、偽物で多いのは50mg、100mgという有効成分の記載がされているもので、錠剤の刻印にC50、C100という刻印がされています。
シアリスの表記は「Cialis」ですが、これが書かれていても偽物である場合もあります。
偽物の中には、不衛生な場所で製造・管理されているものもあります。中には覚せい剤を密造していた製造ラインで作られていたというシアリスもあるので、購入には十分慎重になる必要があります。
ネット通販で買うと安く買えたり、処方箋が不要だというところが便利ですが、危険性も伴うということは理解しておきましょう。本物の写真をよく見ておくと良いです。