シアリスは他のED治療薬と比べ、持続性が長い特徴があります。食事の影響も受けにくく、安心して性行為に臨むことが出来ます。ED治療をお考えの方は一度シアリスを検討してみては?

シアリスの特徴

シアリスとグレープフルーツの相性

シアリスは、男性のEDを治療する医薬品で、食事の影響を受けにくいため、バイアグラやレビトラよりも使いやすいといった特徴があります。

シアリスは、主成分のタダラフィルが男性器への血流を妨げるRED5という酵素の働きを阻害するため、男性器へ血液が流れるようになることで、性行為時に十分な硬さと勃起持続時間を保たせることができます。

タダラフィルを全身の細胞に行き渡らせたり、尿として体外に排出させるために必要な代謝酵素はYP3A4といわれるもので、グレープフルーツは、この働きを阻害してしまう、フラノクマリン類を含んでいるので、シアリスを使用している際は、グレープフルーツの摂取は控えるべきです。

タダラフィルを服用すると、徐々に成分が体外に排出されたり、血中濃度が下がっていきますが、グレープフルーツを摂取すると血中に成分が留まってしまうので、体が必要以上の薬の成分を吸収してしまい、効果が強く表れたり、副作用が起こるリスクが高まります。シアリスは、高血圧や低血圧、65歳以上の高齢者は使用してはいけない、と注意していますが、これらに該当しなくてもグレープフルーツを摂取することで何らかの影響が出てしまう恐れがあるのです。

フラノクマリンを含んでいる食材は多くありますが、グレープフルーツと違い、過剰に摂取した場合に何らかの影響が出る可能性があると言われている程度で、グレープフルーツよりは危険視されていません。また、グレープフルーツに含まれる成分は、すべて避けなければならないので、加工された食品に入っていないか、確認する必要があります。

シアリスを服用する場合は、フラノクマリン類が含まれた食品との同時摂取を避けるだけではなく、服用する予定日の前日からグレープフルーツやその成分が入っているものを摂取しない方が安全です。